IT

Apple Musicでロスレス形式を有効にする方法と注意点

こんにちは、るっしーです。
2021年6月よりApple Musicにて、Dolby Atomsやロスレス配信が始まりました。
それに伴ってロスレス形式で音楽を聴くには設定が必要です。
この記事ではその設定方法を説明します。

設定

iPhone・iPad(iOS, iPadOS)

iPhone及びiPadでは、iOS14.6以上、iPadOS14.6以上のOSにて使用できます。
この画像のように設定が必要です。

設定→ミュージック→ポーディオの品質 にてロスレスオーディオを有効にして、それぞれの環境ごとにロスレス・ハイレゾロスレスを選択する必要があります。

Mac(MacOS)

Macでは、MacOS11.4以上のOSにて使用できます。
この画像のように設定が必要です。

Android

準備中

Windows iTunes

準備中

共通する注意点

ファイル容量が莫大

今回配信が開始されたロスレス形式で圧縮された音声ファイルは、従来の256kbpsAAC形式のファイルに比べ、容量が莫大です。
容量が潤沢な端末での使用は問題ありませんが、割と本体容量を消費している端末では十分に注意が必要です。

Apple端末でBluetoothオーディオでは効果が得られない

Apple製品のiPhone, iPadでは、BluetoothオーディオではSBC及びAACコーデックにしか対応していません。
Macの場合は、上記に加えaptXにも対応しています。
どちらにせよ、ハイレゾ対応の無線イヤホンやヘッドホンであってもこれらのコーデックで接続される以上、効果が得られません
(不可逆圧縮されたファイルをさらに再圧縮するのに対し、可逆圧縮されたファイルを圧縮するため、音質は向上すると言われればそうかもしれませんが、誤差の範囲でしょう。)

ハイレゾを最大限堪能するにはそれなりの環境が必要

ハイレゾロスレス音源では、最大24bit/192kHzまで対応しています。
しかし、Apple純正の変換ケーブルでは、最大24bit/48kHzまでの対応です。
Windows環境に至っては16bit/48kHzが最大出力の環境も少なくありません。
十分に堪能するには、最大24bit/192kHzまで対応しているオーディオインターフェイスやDACを使用する必要があります。

そもそも違いが判らない

これに関しては人によると思いますし、夢がないことを言っても仕方ないのでやめておきましょう。
少なくとも、AACコーデック使用のBluetoothと有線接続を比較すると多くの方が違いに気づくと思いますが、十分な環境で256kbpsAACとハイレゾロスレスを比較しても曲によってはわかるものもあるといった程度な気がします。

さいごに

いろいろ注意点を述べてきましたが、やはり音楽を楽しみましょう!!
それに尽きます。

-IT